1:18 Tecnomodel 1967年モデル Tecnomodel by 1/18 1967 ZAGATO COUPE SPRINT SZ 2600 - ROMEO クーペALFA スプリント SZ 2600 アルファロメオ-ミニカー・トイカー

1:18 Tecnomodel 1967年モデル Tecnomodel by 1/18 1967 ZAGATO COUPE SPRINT SZ 2600 - ROMEO クーペALFA スプリント SZ 2600 アルファロメオ-ミニカー・トイカー

検索バー
アドレスバーとは別に、好きな検索エンジンで検索できるバーがあります。検索では同時にハイライトも行います。
各種ブックマークの使用

1:18 Tecnomodel 1967年モデル Tecnomodel by 1/18 1967 ZAGATO COUPE SPRINT SZ 2600 - ROMEO クーペALFA スプリント SZ 2600 アルファロメオ-ミニカー・トイカー

  • 解凍後、ブラウザ Ancia または AnciaChrome を起動します
  • 使いにくい場合、解凍したものを削除します
    このブラウザはゴミを残しません

レゴ デュプロ 世界のどうぶつ 世界一周探検 10907【新品】 LEGO 知育玩具

2016・07・18



●スケール:1:18 レジンモデル

●メーカー:Tecnomodel

●ミラノの名門メーカーの威信にかけて、トリノのランチアに対する劣勢を挽回すべく、アルファロメオは2000の4気筒エンジンを6気筒2600ccに換装し、「2600」として再デビューさせた。デビューは1962年のジュネーブ自動車ショーで、当初のボディバリエーションは2000同様にベルリーナ、スパイダー(2+2化された)、スプリントの3種であった。1965年のフランクフルト自動車ショーでは、ザガートのデザイン・製作による2座席スポーツクーペ、「2600SZ」(Sprint Zagato)が追加された。1900の時代までは、メーカーが供給するシャシーに様々なカロッツェリア が一品製作(フォリ・セリエ)または少数生産のスペシャルボディを架装して市販される例が多く見られたが、2000/2600ではこの伝統はほとんど絶たれ、僅かに2600スプリントをベースとした2+2カブリオレが試作され、カロッツェリア・OSIによる6ライトの4ドア・ベルリーナが少数生産されたに過ぎない。2000と基本的に同じシャシー・ボディを持っていたが、2600では(6気筒エンジンを搭載するためにベルリーナとスパイダーのボンネット高が上げられ、スパイダーとスプリントにはパワーバルジが追加となり、2000の軽快さは損なわれた。そのエンジンは新設計の軽合金シリンダーヘッドを持つDOHC2584ccで、ベルリーナはツインキャブレター130馬力、他は3キャブレターで、スパイダーとスプリントは145馬力、SZは更にチューンされて165馬力であった。
2016・05・20
速吸なし 水上艦攻6スロットで攻略する2016春イベントE7ゲージ破壊構成